• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

  • お客様サポート室
    0120-921-771
    受付時間 10:00~19:00(年中無休)

『 処方せん調剤について 』 内のFAQ

32件中 21 - 30 件を表示

3 / 4ページ
  • 薬剤師の訪問サービスとは

    薬局に行くのが大変な患者様に対して、薬剤師が医師と相談したうえで、ご自宅に伺い、お薬をお届けします。また、飲み忘れを防ぐ工夫(一包化)や飲みやすい形状への薬の変更を医師に提案したり、余っているお薬を確認させていただき、医師と相談して次回の処方量を調整いただくなど、安全、安心してお薬を服用いただけるようにサポートさ... 詳細表示

  • 無菌調剤の対応店舗

    お近くの店舗薬剤師にご相談ください。エリアごと(数店舗に1店舗の割合)に無菌調剤室のある店舗を配置しております。エリアで連携して対応させていただきます。 詳細表示

  • ジェネリック医薬品への変更方法

    まずは、医師にジェネリック医薬品を希望する旨をご相談ください。また、医師にご相談を忘れた場合でも、当店の薬剤師にご相談ください。処方せんに「変更不可」の医師からの指示がない限りは、患者様と薬剤師で相談し、ジェネリック医薬品をお選びいただけます。 詳細表示

  • ジェネリック医薬品のメリット

    ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同等の効果でお薬代の負担を減らすことができます。また、水なしで飲めるように工夫したり、大きさを小さくしたり、改良しているものもあります。また、高騰する国の医療費を抑制することで、保険財政健全化にも役立っております。 詳細表示

  • 頓服とは?

    食後など決められた時間に服用するのではなく、「頭痛時や発熱時、症状がひどい時」など、医師に指示されたタイミングで服用する飲み方のことです。但し、1日に何回まで服用していいのか、どの程度時間を空ければいいのか異なりますので、分からない場合は、医師か薬剤師に確認してください。 詳細表示

    • No:54
    • 公開日時:2018/09/18 11:58
    • カテゴリー: 服用
  • 薬剤師訪問サービスの対象者

    ・医師が認め、薬剤師に対して訪問指示を出していただいた方・自宅での薬の使用や管理に課題、不安があると医師が判断した方・歩行困難や認知機能の低下があり、通院や来局が困難な方・サービスに対して同意をいただいている方(同意書を記載いただきます) 詳細表示

  • ジェネリック医薬品と先発医薬品(新薬)の違い

    ジェネリック医薬品は先発医薬品(新薬)と同じ有効成分で、効き目・安全性は同等です。添加物や色、カタチなどが異なることがありますが、製剤技術により、先発医薬品よりも飲みやすく、使用しやすく改良されているものが多くあります。(錠剤が小さい、水なしで飲めるなど) 詳細表示

  • 薬剤師訪問サービスの利用方法

    お近くの店舗の薬剤師か、主治医や担当ケアマネージャーにご相談ください。 詳細表示

  • 購入した薬の詳細確認

    ご購入店舗の薬剤師、または登録販売者にご確認いただくようお願いします。 ※店舗の電話番号は、レシート上部に記載しています。また、弊社お客様サイト「店舗をさがす」より、ご確認いただけます。 詳細表示

    • No:2980
    • 公開日時:2018/09/18 11:57
    • カテゴリー: 服用
  • 薬剤師訪問サービスの費用

    介護保険と医療保険で費用が異なります。また、同じ建物に住んでいる方、その中で診察を受けた方の人数によって費用が異なります。一般的に、自己負担が1割の方で、290~650円の費用をいただくことになりますが、詳しくは店舗の薬剤師にご確認ください。※お薬代は別途いただきます。 詳細表示

32件中 21 - 30 件を表示